仲間を増やす話し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが話しているとき、相手はあくびをかみ殺していたりしませんか?

 

自分はおもしろいと思って話しているのに、相手にとってはなぜかつまらないのです。

あなたの話しを聞いても、3秒後にはもう忘れています。

そんな状況だと相手は、あなたにもう一度会いたいとは思わないでしょう。

 

そして、あなたは相手にとって、どうでもいい存在になるのです。

多くの人に愛され、多くの人が集まってくる、そんな圧倒的な存在感を

手にいれたいと思いませんか。

 

あなたが思い描く、圧倒的な存在感をもった人とはどんな人ですか?

 

たとえば、長嶋茂雄さんは、選手時代や監督、そして引退してからも

その存在感が色褪せることはありません。

 

彼らはその存在感をどうやって手に入れたのでしょうか。

それは、彼らが偉大な業績をあげたからです。

 

では、なぜ彼らは偉大な業績をあげることができたのでしょうか。

それは、人を感動させ、人を動かし、人を奮い立たせたからです。

 

では、なぜそのように人を奮い立たせることができたのでしょうか。

それは、人を奮い立たせる話方ができたからです。

 

長嶋茂雄さんには、数々の名誉があります。

「我が巨人軍は永遠に不滅です」との引退時の言葉は未だに心に

残っています。

文法的には間違っていますが。。

そんなことはどうでもいいのです。

ビル・ゲイツも戦国武将の織田信長も、みんな話し方が

上手だったのです。

 

話し方は、どんなスキルよりも真っ先に習得すべきものです。

それは仕事でもプライベートでもどんなときでも必ず話しをするからです。

 

これから、人間関係を良くする話し方10のパターンを書いていきたい

と思います。

 

人間関係を築き、応援し合う仲間を増やすことができれば、

あなたのコミュニティーが形成力になるでしょう。

 

夢実現の参考にお役立てしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す