AIが普及することによって職業が奪われる?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
小島です。

今日はAIが普及することによって職業が奪われる?!
について話してみたいと思います。

以前とある番組で銀座の百貨店だったと
思うのですが、
AIを搭載したタンスについて発表していました。

その内容を聞いて
びっくりしたのですが、服をタンスに入れるだけでAIが、
家族の服をそれぞれ仕分けして畳んでくれるそうです。

時代はそこまで進化したのかと思いました…笑
本当に凄いですね。

さて、
本日の内容についてですが、
AIが普及することによって単純労働の生産性を上げるためには
人間がやるよりも効率が上がります。

そして、

24時間365日稼働し続けるわけですから生産量も上がります。
そしてコストも下げることができる様になります。

初期投資などはお金がかかるかもしれませんが長い目で
見ればpayできるのではないでしょうか。

私たちは生産性を上げることが仕事です。その観点から見た場合、
効率、非効率と仕事を分けられると思います。

単純作業などはAIを利用して、効率を上げ時間を節約する。

非効率の仕事と言うのは人間関係の構築や家族との時間そして、
長期的ビジネスの構築等は非効率に当たるでしょう。

AIを利用して作業の効率が上がり、その浮いた時間で非効率的な仕事に時間を
使えることになります。

なので、
AIが普及することによって職業が奪われると考えるのではなく、
AIを利用して非効率の仕事に時間を使うことが私たちのこれからの仕事の
スタイルになっていくと私は考えます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す