見やすいブログ記事を書く5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見やすいブログ記事を書くポイントについて紹介します

どんなにいい事が書いてある記事でも、
見た目が「読みにくい」と読んでもらえません。
ここで言う「見た目」とは記事の書き方ではありません。

画面に表示される文字の大きさや配置のことです。

 

例えば、こんな「見た目」ならどうでしょうか。

最近料理を始めました。休みの日などはちょっと手のかかる料理に挑戦したり、そばの麺から作ったりもします。自分で作る料理は、なんだかより美味しく感じますね。料理をしていて思ったのが、基本が大切だなと言うことです。料理も基本を押さえておけば、大きな失敗をすることはまずありません・・・。

 

こんな感じで文章が並んでいると読む気をなくしてしまいますよね。
インターネットの文章は気軽に読まれる事が多いです。

最初から最後まで読まないと分からない内容ですと、途中で読むのを止めてしまいます。

 

「パッと」見たときに読みやすい記事だなと思ってもらえることも大切ですね。

 

見やすい記事にする5つのポイント

見やすい記事にする5つのポイントです。

ポイント1. 空行を入れる。

2、3行ごとに空行を入れるようにします。
4行以上の大きな文字のカタマリになりますと、途端に読みにくくなります。
空行はたくさんあっても問題ありません。
段落ごとに空行を2行空けるなど工夫してください。

 

ポイント2.文章にリズムをつける。

一行の文字の長さを長くしたり、短くしたりと見た目にリズムをつけます。
一行の文字の長さは30文字以内にします。長すぎると読みにくくなります。

 

ポイント3.小見出しを入れる。

段落ごとに小見出しを入れます。
できれば、小見出しを読んで文章の内容が伝わるようにします。

小見出しだけ読んでも文章の全体が分かり、より詳しく読みたい場合は読むと言うのが理想です。

 

ポイント4.文字の大きさを変える。

強調したい文章の文字を太字にしたり、フォントサイズを大きくします。
強調した文字がバランス良く配置されていると、どこに注目したら良いかが分かるので、読みやすくなります。

 

ポイント5.画像を入れる。

アイキャッチ画像を入れるのも効果的です。

ただし、画像を入れすぎると逆に読みにくくなります。

記事1つに画像1つで十分です。
記事に関係する画像を見つけてきて、記事内に挿入してください。

ほんの少し気を付けるだけで記事は読みやすくなる。
5つのポイントで文章を修正してみると・・・

 

最近料理を始めました。
休みの日はちょっと手のかかる料理に挑戦したり、そばの麺から作ったりもします。
自分で作る料理は、なんだかより美味しく感じますね。

料理もまずは基本を覚えるべき。
料理をしていて思ったのが、基本が大切だなと言うことです。

料理も基本を押さえておけば、大きな失敗をすることはまずありません。

 

いかがでしょうか?

 

内容は同じなのですが、最初の文章に比べて読みやすくなっていませんか?

 

ほんの少し気を付けるだけで、文章は読みやすくすることができます。
ぜひ、ブログを書くときには、今回のことを参考にしてみてくださいね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す