隣の芝生は青いのは何故?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、小島です。

「隣の芝生は青い」ということわざが
あります。

自分の家の芝生よりも、
隣の家の芝生の方が綺麗に見えてしまう
という意味ですね^^

色々と手を出して結局、何1つ身について
いない。そんな状態になっている人は
多いのではないでしょうか。。

なかなかうまくいかない。

横を見てみるとすごくうまくいっている。

じゃあこっちの方がうまくいくかなぁと
つい手を出してしまう。

他人の置かれている環境を羨ましく
思ってしまうのは「人間の性」
なんですね。

何でもそうなんですが、人って良いとこだけを
見てしまうのです。

悪い面というのは人に見せない
ものなので誰もがその人の良い面ばかりを
見ることになります。

これが隣の芝生は青く見えるということ
ですね。

これは自分に自信がない時に起こる現象
なのかもしれません。

これまでにやってきた努力に
自信がなくなってきているのかもしれません。

そんな時はやはり他人が相対的に良く見えて
しまうのです。

なので、「自分と他人を比べない」と
いうのが一番いいのです。

「迷いながら、強くなる」

これは羽生善治さんの著者にあるのですが、
皆さんそうだと思います。

ですので、

1歩1歩進んで行きましょう!!

最後まで、読んで頂きありがとうございます^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す