言いにくいけど言わなければならないとき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、小島です。

皆さんも、言いにくいことを無理して言おうとすると
言葉を詰まらせたり、
しどろもどろになったりしたことがあると思います。

例えば、

コンビニのポイントカードの会員獲得です。

私は当初とても嫌いでした。

今では当たり前のように自分のよく行くお店の
ポイントカードを持っているのでは
ないでしょうか。

その当時はまだ浸透していなくポイントカードが
なくてもお客さんはくるだろうと
思っていました。

勧誘するのは迷惑だろう。

あとは断られたらいやだぁとか思う気持ちが
正直なところです。

その後、やっていくうちに獲得できるようになり
ポイントカードをきっかけにお話したりと
楽しくやれるようになりました。

隣で働いているクルーにきれいなお姉さんには積極的に
声かけてますよね。と言われたことも
ありましたが….笑

そんなつもりはなかったのですが、その方には
そう見えたのでしょう。。

つまり、慣れもあると思いますが、こちら側の考え方
次第
ということです。

なので、言いづらいことをどうしても言わなければ
いけないとき、うまく話せないからと

自分は口ベタだからと考えないことです。

言いづらくさせている遠慮は自分の中のどんな
考え方から来ているのか。

それをどう変えればいいのか。

まずはそれをチェックしてみては
いかがでしょうか。。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す