マーケティングの3Mってなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、小島です。

前回では、

良い商品を作れば売れるのは

間違いだ。
という話をしました。

そして、

まずやるべきことは、
マーケティングの3Mを決めることが
大事だということについてお話ました。

 

今日は、そのマーケティングの3Mに
ついて詳しく話したい
と思います。

 

そもそも3Mとは?

 

ダンケネディはマーケティングを
行うときに気を付けるべきものとして、

・マーケット

・メッセージ

・メディア

をあげています。

 

これら3つの頭文字を合わせて3Mといいました。それでは3Mについてそれぞれ話していきます。

最初にマーケットとは、物を欲しがっている人がいる場所のことです。

 

つまり、

 

需要がある場所のことそして、
お店のターゲットになる人を指します。

その中には、競合と顧客も含まれます。

 

次にメッセージとは、
伝えたい内容のことです。

人間は自分にとって得になることにしかお金を使いません。

私もそうですが…(笑)

そのため、

メッセージとはターゲットが得をする内容が書いてある文のことを言います。

 

最後にメディアとは、
メッセージが書かれた媒体です。

例えば、

インターネット上に出てくる広告や、新聞の折り込みチラシなどがあげられます。
その中でもターゲットの広告が多い媒体のことを言います。

3Mは独立して存在するわけではなく、それぞれの一貫性が重要になってきます。

それでは、

次回は3Mの一貫性はとても大事だについて話したいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す