良い商品を作れば売れるという間違い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、小島です。

今日は、良い商品を作れば売れるという間違い!
について話たいと思います。

良い商品を作れば
売れるだろうというお話を社長さんから
よく聞きます。

今は、物が溢れている時代です。
飲み物が欲しければコンビニに行けば
すぐに買えます。

 

そして、

 

スマホ1台あれば家から出ることなく買い物を
することもできます。

 

本当にすごい世の中ですよね^^

ということは、いくらその商品がよくても
お客さんに気づいてもらえなければ
買ってもくれないし、
見てもくれませんよね??

 

良い商品を作るというのは売り手側の
考えになっているのではないでしょうか。。

 

なので、まずやることは

1.お客さん(ターゲット)を決める。

2.メディア(情報を発信する場)を決める。

3.メッセージ(お客さんに刺さる内容)を決める。

これがマーケティングの3Mです。

まず、やることは上記にある3Mを
それぞれ決めてから商品の作成に
進むことをおすすめします。

 

なぜ、これを最初にやるのかと
というと、

お客さんの方からこの商品が欲しいと
思ってくれる様になるからです。

 

理想はセールスしなくても
買ってもらえる様になることが
いいですよね。

それでは、次は3Mについて詳しく
話したいと思います。

最後まで読んでい頂きありがとうございます^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す