車が廃車になりました?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
小島です。

先日、名古屋の1号線を通って帰ってきたとき車が
廃車になりました。

右折しようと思って信号待ちをしていたのですが、突然エンジンが
止まってしまいました。慌てて、エンジンをかけ直したのですが、
右折でまた停まっているので、
その間にまたエンジンが止まってしまったのです。

後からはクラクションも鳴らされたりと…慌ててしまいました。

それを見ていた男性の方が近くに寄ってきて、「どうしたの」と声を
かけてきてくださいました。

事情を話したところ、後ろから押すからニュートラルにしといてと
手伝ってくださいました。

なんとか、その方のおかげで左足端に停車することができました。
本当に助かりました。ありがとうございました。

その後、JAFを呼んで車を見てもらったのですが、
エンジンオイルが入ってなかったと言うことでした。そういえば確かに
赤いランプがついてたような….
気がしたのですか、見逃していました。

本当にお恥ずかしい話なのですか…

結局、エンジンオイルを2本入れたのですがエンジンは
かからずレッカーで駐車場まで運んでいただきました。

これってビジネスにも言えることだと思います。
危険なサインが出ている。

例えば

それが従業員の事だとか商品サービス、お金だったり様々なことが考えられます。

ですが、

そういったことって案外、気づかなかったり、見落としてしまったりするんですよね。
自分の場合は赤いランプが表示していたのにもかかわらず、
エンジンオイルを入れなかったのですが…笑

皆さんのビジネスでも赤い危険なサインが出ていませんか?
確かめてみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

PS、エンジンオイルはこまめに入れてくださいね…笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す