作業量が多すぎる時の考え方とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
小島です。

最近ますます寒くなってきましたね。風邪が流行っているようです。
皆さんはいかがでしょうか?

私たちは身体が資本なのでお互い
気をつけましょう!

さて、仕事をしている中でやることがとても多い
と思うことが多々あるかと思います。

例えば、

プレゼンの資料を作ったり、書類を作成したり、
その他にも社長であれば雑務もあるか
と思います。

この様なとき皆さんは全ての作業を
全部やろうとしていますか?

おそらくほとんどの方が自分でやられているか
と思います。

ただ、人は1日24時間という制限があります。
そんな中、
時間を作ると言う観点から見た場合、
この作業を誰かにやってもらう。

従業員を雇っている社長であれば
その方たちにやってもらうことができます。

1人ビジネスをしている方はどうかと言えば、
お金を払って誰かに業務を委託することもできます。

よって、
これらの作業をやる時間がまるまる空きます。

ですが、この様な話をすると…
誰かに作業をやってもらう??と驚かれます。

ですが、
皆さんはすでに委託ということを体験しているんです。
何だかわかりますか?

例えば、

郵便物を出すときにコンビニや郵便局へ頼みに
行くかと思います。
これも立派な業務委託。外注ですね。

本来、自分で運びた場所に行かなければならないです。
それを第三者にやってもらっています。

あと、アマゾンや楽天で買い物もされたことがあるか
と思います。
ボタン1つで買い物ができ便利ですよね。

これも本来ならそこのお店まで足を運んで買い物
をしなければいけません。

ですから、私たちは知らないうちに外注を色々
と体験しているのです。

こう考えれば、今されている仕事の中で
誰かに頼める作業は外注できると言うことです。

よって、

これらの作業の時間が浮いて他の仕事、
自分にしかできない仕事に時間を使えるように
なるのです。

コツとしては仕事と作業に分けるです。
仕事とは売り上げ利益に直結する仕事。
自分でやらなければいけないこと。

作業は自分でやらなくても他の人に頼めれる仕事
を作業と定義します。

もし、作業量が多すぎて困っているのであれば、外注化。
誰かに作業を委託すると言う考えを取り入れてみて
はいかがでしょうか。。

ランサーズとかフリーランスの方もたくさんいらっしゃいますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す