日本人の働く場所が無くなる?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近よく思うのですが、

この仕事は男性、あの仕事は女性と
いう区別がなくなりつつある気がします。

といってもまだまだありますが。。

例えば、道路工事の警備員で女性の
方がやっているとか。。

看護師さんも男性の方がたくさんいます。

(気を悪くされた方いたらすみません。)

そして、

海外から出稼ぎで来ている外国人も
増えていると思います。

この先、近い将来(5年〜10年)私達、
日本人の働く場所が

限られていくというか無くなっていく
のではないかと私は思います。

もうすでに始まっているのですが、

例えば、
スーパーのレジは店員さんがやっていますが、

すでにセルフをやっている

お店はたくさんあります。

お客さん自身がレジ登録し、お会計そして

袋詰めをするのです。

このシステムが増えれば人を雇用しなくて

すみますよね。

 

あと先程、話にでた警備員の仕事もロボットを

立たせていれば解決します。

このITの成長によりどんどんと
進んでいます。

だから、代わりがきく仕事はこれから
機械がやるようになるのです。

初期投資はかかると思いますが、
機械ですから文句はいわないですしね…(笑)

高い人件費を出すことを思えば数年でpay
できてしまうのではないでしょうか。

あなたが社長さんならどうしますか?

そんなの先の話だと思われるかも
しれませんが、

1年はあっと言う間です!

じゃあ3年、5年はどうでしょうか?!

なので、

本気で考えていかなければいけない
と私は思います。

最後まで、読んで頂きありがとうございます^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す